目隠しフェンスの柱が埋めれない場合の施工例

目隠しフェンスの柱が埋めれない場合の施工

施工タイプ設計~施工完了

熊谷市のReエクステリア工事。
中庭のリガーデンの様子です。

中庭なので資材を運び入れるのに、一度家の中を通過するので養生と気配りが必要になります。

ディーズガーデンの目隠しフェンスアルファウッドの柱をたてて、コンクリートで補強をしている所

既存のブロックの基礎があり、目隠しフェンスの柱が埋める事が出来ません。
そこで、柱を金物で基礎とブロックに固定して周囲に型枠を組みコンクリートの独立基礎仕様としています。

周囲はレンガの花壇や花台を作成する為にレンガを積んで行きます。


基礎の周りは庭の景観を壊さない様に、レンガで巻いて化粧をします。

この様に、目隠しフェンスの柱を埋め込めない場合も現場力で対応してまいります。

庭を屋根の無い居間と考え、自然の気を感じられる空間を提案している。
埼玉のエクステリア専門店 (有)煉創です。

このページの先頭へ